シニアエンジニアの就労支援の中で、様々なシニアのエンジニアの方々とお会いするが、ときどき、「この方もっとアピールできるのにな。」と感ずることがある。
シニアの就労で重要なのは、面談でうまく自分のスキルや人柄を伝えられるかだ。成長性を売りにできる若者とは違い、シニアは過去での蓄積(経験、スキル、人柄)を売りにしているからだ。この「蓄積」を面談でうまく出せれば成功間違いなしだ。

「つまらない者ですが・・」で面談通れば楽なことないのですが・・

ときどき事前面談していると、「大したことやってきていないので・・」とか「所詮 〇〇みたいな仕事なので、アピールするところなんて・・・」とか謙遜される方がいる。経歴書見ると、同じ技術を長くやられたり、同じ仕事で大手を渡り歩いていたりされている。
経歴書見て、そんなことないのではないかと思うのだが多くの方は、自分アピールはやっぱり苦手なのだ。

長い時間かけて選んだお土産を買っていっても”つまらないものですが”と言って手渡す”奥ゆかしさ”を身に着けた日本人にはそもそもやりにくいものなのかも知れない。でも、お土産渡すときの”常識”としてあるこの言葉も、”面談”となると使えない。
面談で”つまらない者ですが・・”と言って合格する人はまずいないだろう。人の”良さ”を示すこの奥ゆかしさは面談ではマイナスである。
若者とは違ってシニアは過去での蓄積(経験、スキル、人柄)を売りにしている。だからこそ、自分をわかってもらうための”努力”をしないといけない。

面談は、その人となりを知る手段の重要な手段のひとつ。自分自身のことを分かってもらう場であるのだ。

自分を知る(ための準備をする)

そのため、シニアの方には少し自分自身を紐解いてみることが必要だ。長い経験をしてきている以上、仕事上のいろんな事件があったはず。そのとき自分がどう感じ、考え、どうアクションしてきたのか、改めて見つめてみよう。
そのうえで自分の長所、短所がなんなのかを整理することがおすすめだ。自分の長所、短所、それを示すエピソードをまとめられるといいのではないかと思う。

「ライフラインチャート」や、「自己アセスメントシート」等を作成してみるがいいのではないか。
ただ、シニアは、人生長い分、過去の洗い出しは大変だ。20歳からのライフラインチャートを始めると、現在に近くになってくるとエネルギがつづかなくなる。まず自分の印象に残っている仕事やプロジェクトから洗い出してみよう。ない場合は、最近から作ってみるのも手だ。

世の中のほとんどは普通の仕事で成り立っている。

そうは言っても、大したネタはでてこない。やっぱり洗い出ししても、「大した仕事はしてこなかったな」と感じたり「大した山、谷ないな・・」とか逆に認識して、煮詰まったりする。アピールポイント見つけるための作業が、無いことを再認識したりなんてことに。
でも、大丈夫。世の中のほとんどの仕事は、普通の仕事で成り立っているのだ。
誰しもやっている仕事が新聞に取り上げられたり、ニュースになって注目を浴びたいと思っているかもしれないが、そんなことはまれだ。スーパーマンなんてめったにいない。
だからと言ってアピールポイントがないということではない。いま必要なアピールポイントは、あなた自身を特徴ずけるアピールポイントなのだ。
あなたがして来た仕事の中には、かならずあなたを特徴ずけるアピールポイントが必ずあるはずである。

もっと自分(がして来た仕事)に自信をもって

長く同じところで働いてこられた方、それには理由があるだろう。長く働いてこられた理由、顧客やメンバーとの信頼関係、仕事での経験の深さや対応力等あるのではないか。同じ業界で転職されてきた方は、まさに業務スキルを”買われた”のかも知れません。
人それぞれ、周りの人の”評価”があったからこそ、継続的に働いていられるのではないでしょうか。
こうしたアピールポイント、それを裏付けるエピソードや、経験が”誰しも”あるはずである。自分が今まで働てきたことにもっと自信を持ってもいいのではないかと思う。

自分を”ちゃんと”説明する。理解してもらう姿勢が大事

自己アピールというと、大げさにとか、かっこよく、誇張してというイメージがあるかも知れません。でも、そんなことは必要ありません。誇張すれば、逆に”引かれてしまいます”。
面接する方は”プロ”ですので、誇張もわかれば、たとえ運よく”ばれなく”ても雇用関係を継続することは難しくなるでしょう。
必要なことは、控えめでもなく、誇張でもなく、”ちゃんと自分を説明する”ことです。
シニアの方によっては、面談を”黙っていても俺の能力はわかるだろう”と思っている方もいらっしゃいます。残念ながら、付き合って来た方ならともかく、初めての方には”わからない”のです。自分を”理解してもらう”姿勢も必要なのです。
自分自身を理解し、自分を”ちゃんと”説明することそれがシニアが自分の”蓄積”をもとに長く働ていけるひとつのコツだと思います。